【黒子達まで記憶を改竄させられるとは】「とある科学の超電磁砲T」第4話見た感想


食蜂さんは美琴にとってかなりやっかいな相手になりそうだな。

第4話「改竄」感想

bandicam 2020-02-02 00-39-02-629.jpg
©2018 鎌池和馬 /冬川基 /KADOKAWA /PROJECT-RAILGUN T

食蜂操祈は御坂妹を探す美琴の行動を妨害するために色々な人間の記憶を改竄して操ってたな。一般人とか無能力者はともかく一応レベル4の黒子まで簡単に動きを止めたたりできるとはね。美琴は電磁バリアで操れないとして他のレベル5相手だとどうなるんだろう。アクセラレータとかとても動きを止めたりできるとは思えないが。一応学園都市最強だしな。

bandicam 2020-02-02 00-39-27-458.jpg
©2018 鎌池和馬 /冬川基 /KADOKAWA /PROJECT-RAILGUN T

当然美琴も友達の黒子、初春、佐天さんの3人に手を出されて激怒していたが、監視してる食蜂さんの取り巻きがちょっとやっかいですな。レベル的にはレベル3とか4とか色々いるんだろうか。2期で「1対1では美琴に勝てない」とか言っていたがその通りのことを今回したってことだな。1話で御坂妹について知りたそうな感じだったが何を企んでいるんだろうか。今回の4話を見る限り食蜂さんはかなり悪そうな人に見えるけど。

美琴がゲスい能力してるとか言ってたが本当にそうだったな。

まとめ

予告で婚后さんが活躍するようだがどうなるのか。食蜂さんにマークはされてなさそうだけど。活躍の場が多いのは嬉しいな。

この記事へのコメント