【話題になるほどの面白さは感じなかったが】「鬼滅の刃」全26話見た感想


話題になってて見ようと思ってた「鬼滅の刃」のアニメ。ようやく全話見終わったので感想を書こうと思う。ちなみに原作の漫画は1ページも読んだことはない。

感想

bandicam 2020-02-02 03-36-23-080.jpg
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

ちょっと期待して1話から見たけど、人気があって話題になったのは少し分かったかなと。ストーリーも分かりやすいしキャラも個性があって良かった。作画も安定してて戦闘シーンのあのエフェクトとか動きとかかなり良かった。声優も特に重要な敵ではない鬼とかでさえも有名な声優が演じてたらしく豪華な声優陣が演じてたのも人気が出た要因なのかもしれないな。

全部で26話で全話通して見てみるとつまらなくはなかったんだけど正直そこまでストーリーは面白いとも感じず。鬼の過去とか感動できるようなシーンがあったもののそこまで感情移入できなかった。

最終選別.jpg
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

試験で生き残ったメンバーとどんな感じで再開するんだろうとか考えながら1話1話見て、善逸と伊之助が出てきて、炭治郎と一緒に行動することになるわけだが特に善逸。最初はこの声は下野さんだなとか、再登場した時はちょっと面白くて笑えたりしたがだんだん「こいつうぜえな・・・」と。ネガティブで喋りまくる。この作品のギャグシーンもちょっと寒くてつまらねえなと感じてたのに・・・。伊之助も善逸ほどではないがうるせえなと。演じてる声優の演技とか関係してるのかもしれないが。

bandicam 2020-02-02 03-41-11-881.jpg
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
ただ善逸については戦闘シーンに関しては良かった。主人公の戦闘シーンよりもかっこよかったと思う。いや作中で一番かっこよかったかもしれない。寝ないと力を発揮出ないと言う設定だけど。ちょっと違うかもしれないがワンピースのハクバを少し思い出した。そういえば善逸って起きてる時に全然戦わなかったな・・・。寝てる時だけしか強さを出せないようだがもしかして3人の中で一番強いのでは・・・。

bandicam 2020-02-02 04-17-11-132.jpg
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

21話の終盤だったか。集合した柱のメンバーが出てきた時にちょっとわくわくしたというか。もう全員出てくるんだなとも思ったが。主人公たちよりも柱のメンバーの活躍が見たいなと思ってしまった。続きは映画で、原作読んでいないのでどの部分をやっているかは分からない。2期があるなら活躍するシーンも見られるんだろうか。漫画を読めば続きが分かるわけだが死ぬとか色々見たな・・・。柱のメンバーもやっぱり何人か死ぬらしいな。たぶん一人ずつ主人公たちと関わって行くんだろうね。

キャラについて

bandicam 2020-02-02 03-52-08-522.jpg
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
禰豆子可愛かったですなあ。くつろいだり小さくなったり。まあ終盤までヒロインしてたと思うけど、終盤に柱のしのぶ、カナオ、アオイが出てきて俺の中では禰豆子の存在はちょっと薄くなった。特に女性キャラだとしのぶが一番好きかもしれない。鬼と戦うときははサイコパス的な感じだが人には優しいというね。演じているのが早見さんでかなり良かったなと。禰豆子はたぶん3位ぐらいかな。

bandicam 2020-02-02 05-23-51-135.jpg
©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
男のキャラだと冨岡義勇かな。あまり喋るようなキャラではないんだが俺は明るくて元気なキャラよりもクールなキャラが好きなんだよね。禰豆子の件で主人公とは繋がってるというか関わっているわけだし重要なキャラなんだろうな。

後はさっき書いた柱のメンバーがどれほどの強さなのかとかどんなふうに戦うのかとか過去とか色々気になりますな。主人公たちがどうなっていくかよりも気になる。正直この作品の主人公は嫌いではないんだけどあまり魅力を感じなかった。戦闘シーンもあの技のエフェクトもあまり・・・。だからこういう感想になってしまうのかもしれない。たぶん柱のメンバーが出て来ないまま終わって物語が続いていたとしたら切ってた可能性もある。

女性に人気があるらしいのだがこの作品ってそこまでイケメンとかかっこいいキャラいないような。

音楽について

OPはLISAの「紅蓮華」っていう曲だがかなりこの曲は好きなんだが、「ありがとう 悲しみよ」が「何度でも立ち上がれ」に変えられてたな。そこはちょっと残念だったというか。俺は「ありがとう 悲しみよ」のままで良かったように思う。OP初めて見た時になんかかなり違和感を感じた。2番の歌詞なのかと。物語にはあの歌詞の方が合ってたのかもしれないけども。

とりあえず変更した理由を調べてみたらこんなことが書いてあった。全て納得致しました・・・。

作品を読み進めていくと「ありがとう悲しみよ」という言葉がすごく合うんですけど、物語最初の雰囲気には早すぎると思ったので、アニメから作品を知ることになる皆さんが楽しんでもらえるように歌詞を変更しました。
(2019年6月25日『和飯情報局』LiSAに独占インタビュー 参照)

まとめ

期待したほどの作品ではなかったが好きなキャラもいるのでかなり続きが気になるなと。色々感想を見ているとジャンプの質が落ちたとかつまらないとか過大評価だとか色々見た。どうなんだろうね。

俺はもうおっさんだからね。子供の頃見ていたらまた違った評価になっていただろうな。とりあえず原作の漫画を読んでみるか。

点数を付けるとすると100点満点中75点ぐらいかな。

この記事へのコメント