公園の遊具で懸垂に挑戦してみた結果・・・

いつものようにいつものコースを深夜散歩しに行った。引きこもり気味なので運動不足解消の目的で。距離はグーグルマップで調たところ3.8キロ。以前ランニングで走っていたコースを歩いているだけ。走っていた時は少し長いなと感じてはいたが正直歩くとそこまで大した距離ではない。

DSC_0365.JPG

ちょっとした広い公園があってたくさん桜の木があるんだけど満開だった。深夜で暗いので街灯で照らされた部分しかはっきりとは見えないわけだが。俺の地元だと桜が咲く気期に出店とか出てなんかイベントみたいなのが毎年あるんだけど今年はコロナの影響で中止だろうね。俺の県のコロナ感染者いつのまにか50人もいたし。

歩いてる途中で腹が痛くなったのでトイレに行って用を足しているとこの時間この公園の周辺ではほとんど人と遭遇することはなかったのに人が入って来てちょっとびっくりした。

公園で何やらタバコを吸いながら休んでる人もいたし。深夜23時に公園で一服か。俺も向こうからしたら何やってるんだとか思われてそうだけど。深夜に人とすれ違うのはやっぱり怖い。

狭い歩道を歩いてて向こうから来た若者に露骨に避けられたことがある。俺別に怪しい人間じゃないのに・・・。車道まで出て。


当然公園なので色々な遊具があるわけだが、そのまま帰るのもあれなので何かやろうかなと。そうしたら懸垂ができそうな遊具を見つけたのでやってみた。調べたら「懸垂平行棒」っていう奴と同じだった。

「余裕で10回ぐらいは連続でできるだろう」と思ってやってみた結果・・・。連続で2回しかできませんでした・・・。ポケットにスマホと音楽プレイヤー入ってたし少し重かったしそのせいだよな・・・。

3回目やろうとしたら右腕の筋肉が釣りそうになったというか。なんかヤバそうだったのでやめました。

思えば俺今までの人生でまともに懸垂とかやったことなかった。高校時代の野球部の時も。自分の筋力とかあの頃よりも落ちていたとはいえまさか懸垂がこんなにきついとは思わなかった。握力も必要だしこれだけきついわけだから鍛えられるんだろうな。俺はもうやらないけどね。腕を痛めるんじゃないのかという恐怖を感じたので。ゴリラとか体操選手の凄さを知ったわ。

気が向いたらまたやるかもしれないが。

この記事へのコメント