【4年ぶりにヘッドホン購入】「DT990PRO」というヘッドホン買ってみた

head_phone.png

音の良さに感動はまったくしなかったが悪くはなかった。

 beyerdynamic DT 990 PRO


DSC_0377[1].JPG

DSC_0380.JPG

サウンドハウスさんで注文して銀行振り込みにして代金を支払い届くまで2~3日かかると思っていた思ったよりもかなり早く届いた。久々に銀行振り込みだったのでちゃんとできているか不安になったのでメールを送った。名義のことで少々。大丈夫だったので良かった。

値段は12790円だった。今まで買ったことがある2万越えのヘッドホンに比べたらかなり安い。

段ボールを開けると外箱が入っていた。真っ黒な箱。外箱を開けるとヘッドホンと説明書?(まったく中身は見ていない)、ヘッドホンを入れるポーチらしき物が入っていた。

4年ぶりのヘッドホン購入(サウンドハウスさんで)だったのでちょっと開封する時にテンションが上がった。

初めてベイヤーダイナミックというドイツのメーカーのヘッドホンを買ったけどオーディオに詳しい人とかじゃないとまず聞いたことのない知らないメーカーだろうな。俺の地元の電気屋にこのメーカーのヘッドホンが売っているのはみたことがない。

海外のメーカーのヘッドホンを買うのはこれが2回目だが初めて買うときは、やっぱりSONYとかなじみのある日本のメーカーにしようかなとかかなり迷った。

今まで所持していたちょっと高いヘッドホン



SONYのMDR-1A。完全にSONY信者だったんだろう。ウォークマンも過去何台も買っていたし。とりあえずソニーのヘッドホンを買おうと。ただ値段があの当時2万以上。あんなにヘッドホンにお金を出したことはなかったからさすがに躊躇した。しかし買って使いたいという思いが勝り買ってしまった。

使ったみて不満はあまりなかったものの2万以上の価値がこのヘッドホンにあったかと聞かれるとなんとも言えない・・・。



AKGのK702というオーストリアのメーカーのヘッドホン。初めて買った海外メーカーのヘッドホンだった。サウンドハウスさんで1万8千円ぐらいだったかな。レビューを見て良いと思ってすぐに購入した記憶がある。

ただあまり調べもせずにアンプがなくても大丈夫だろうと思って手持ちのXDP-30というDAPに繋いでみたらその音質にがっかり。なんでアンプを所持している時に買わなかったんだと。

その後アンプを買うこともなく使い続けていたがある日片側から音が聴こえなくなり少し悩んだが捨てることに。修理に出すとかジャンク品として売るとか色々できたはずだが。本来のこのヘッドホンの実力を知らないまま終了したのでいつかまた買いたいなと思っている。

使ってみた感想


XDP-30Rに繋いで聴いてみた。

聴いた曲

・馬と鹿/米津玄師

・Flamingo/米津玄師

・final phase/fripside

・さよならエレジー/菅田将暉

・MEMORIA/藍井エイル

・紅蓮華/LISA

後は乃木坂とか奈々様の曲とか。

ドンシャリってこういうのを言うんだなと。聴いてみて一番気になったのがfripsideの曲を聴いたときに高音が刺さるというか。これはプレイヤーに問題があるのだろうか。ただMDR-1Aよりはいい音に感じる。開放型と密閉型の違いはあるんだけどね。

250Ωでアンプがないとスカスカな音で聴けたもんじゃないだろうと思っていたが全然聴ける音でもある。このプレイヤーは最大音量が60なんだが35ぐらいでちょうどいい。最大近くまで上げないといけないわけでもなかった。K702の時よりも良く聴こえる。でもアンプがあれば全然違うんだろうな。

全然音質の良さに感動はしなかったがこのままでも悪くはなかった。

でも間違いなく本当に実力は発揮できていないだろう。安いヘッドホンアンプでも買ってみようと思う。オークションでは正直買いたくはないがもう少し色々調べてみようと思う。

その他装着感は悪くはないし問題は今後音質がどうなるかだけだろう。

あとはケーブルが電話のコードみたいな感じになってるのが気になるが。

最後に


サウンドハウスさんで12790円の物を買ったことにより1270ポイント頂いた。こんなに貰えるんだな。期限は一ヵ月しかないから使いたいと思っているけど何を買おうか。アンプは別のところで買う予定なので買わないし。

この記事へのコメント