警察官からの挨拶を無視してしまった

いつものコースを深夜散歩しているとこんな時間にこの道に人なんてまずいないはずなのに2人組の男が何やらやっていた。来た車を止めてみたいだった。一人が歩道に立っていたが眼鏡を外していたためよく見えず・・・。そのまま通り過ぎて特に何事もなかったわけだが、姉に後から話を聞くとあの時に姉がちょうどあの場所にいたらしく警察が飲酒検査をやっていたそうだ。

俺はてっきり工事とか警備の人かなとか格好から思ったが警察官だったと。歩道にいた警察案が俺に「こんばんは」とあいさつしたらしいが俺はイヤホンで音楽を聴きながら散歩していたためまったく聴こえなかった。

あいさつを無視した俺は間違いなくあの警察官に「なんだこいつ・・・」と思われたことだろう。まあ別にわざと無視したわけではないんだけどね。

あんな時間にあの場所で警察官が飲酒検査というか飲酒検問か。をやっているのは初めて見た。正直車も余り通らない時間にやる意味はあるのかなと思った。何時からしていたかは知らないけど。

そういえば今回いた警察官若い奴だったらしいけど俺の同級生とかじゃないよな。一人いたんだよな。警察官になったやつが。まあ俺と同級生ならもう若いって年齢でもないが。それに配属がこの市だったのかも知らない。俺に気づくわけもないけど。

この街の警察官の皆さん。いつもご苦労様です・・・。

この記事へのコメント