【全話面白かった】「とある科学の超電磁砲T」第25話(最終話)見た感想


長いようで短かった全25話だった。

第25話「私の、大切な友達」、全話見た感想


bandicam 2020-09-30 17-16-16-227.jpg
©2018 鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA/PROJECT-RAILGUN T

操歯涼子とドッペルゲンガーの話も無事解決して、最終話ということでその後のエピローグって感じの回だった。美琴たちや食蜂さん、婚后さん、御坂妹、スカベンジャーの4人などそれぞれの日常シーンが描かれていた。湾内さんと泡浮さんとかあと何人か登場しても良かったんじゃないのかなと思ったりもしたが、美琴や黒子たちと食蜂さんと取り巻きの髪が長い子の絡みも面白かったし、婚后さんと御坂妹、食蜂さんと警策看取とドリーの3人で過ごすシーンも良かった。最後も綺麗に終わったなというかまとめていたなと。


レールガンの3期は個人的には1期や2期よりも面白かったかなと思うし、1話1話振り返って見てもつまらなかったとか悪い回はほぼなかったと思う。新キャラとか1期や2期ではほぼ出番のなかった食蜂さん活躍などもかなり良かった。原作を読んでいないのでどんなキャラなのか知らなかったけどアニメで見てみたらかなり好きなキャラでしたわ。2期で美琴と険悪な雰囲気になっていたシーンがあったけどもうすっかり友達って感じ。それは言い過ぎか。3期を見て食蜂ファン増えたただろうな。俺の中では3期で食蜂さんが一番印象に残ったキャラだったかなと。

fripsideの主題歌も良かったけど、特に俺は2クール目のEDのsajyounohanaの青嵐のあとでが一番好きだったかな。物語だけじゃなくて曲も良かった。

本来ならとっくに放送は終了していたんだろうけど、コロナがあった中でアニメの製作スタッフは大変な中作画なども手抜きも感じなかったしいい作品を見せてくれてありがたかったなと。冬アニメからだから9か月間最終話までかかったわけか。声優の演技も良かったし本当にお疲れ様でしたと言いたい。

この記事へのコメント